マンションの専有部分リフォームトラブルについて

 築年数や居住年数が経ってくるにつれ、専有部分のリフォームを実施する区分所有者は多くなりますし、売却により新たに購入してリフォームを行う新規居住者もいます。分譲マンションの多くの区分所有者はリフォームに関するルールがあることを知らず、「専有部分は自分のもの。リフォームするのは自由」と考えがちです。

 

 リフォーム業者がしっかりとそのマンションの管理組合や管理会社にリフォームに関するルールを確認する場合もありますが、確認をせず管理組合の許可なしにリフォームを実施してしまい、知らないうちに共用部分を傷つけてしまったり、工事の騒音等で周囲の住民を巻き込んだトラブルになってしまったり、床材を許可基準以下のものに替えた結果、階下の居住者からクレームが出たりするなどのケースもあります。

  

 しかし、マンションの専有部分と共用部分の境界線がどのようになっているかについて、法律でしっかりと決まっているわけではありません。国土交通省では管理規約の指標として「標準マンション管理規約」を設けていますが、管理規約の詳細を決めるのは管理組合です。リフォームによるトラブルを避けるため管理組合として、管理規約や使用細則で出来る限りルールを設けて、専有部分と共用部分の境界線がどこなのか、リフォームに関してどこまで許可できるのかについて明確にしておくことが必要です。そして管理組合や管理会社がリフォームの許可を出す場合は、リフォームのルールを説明して、リフォーム工事の内容を確認することがトラブルを事前に回避するためには大切です。

相談・見積依頼フォーム




    メール・Zoom・電話又は来所・訪問によるマンション管理問題に対する助言・指導

     月額 27,500円


    管理組合業務、マンション管理問題に関する助言・指導・援助・代行サービス

     月額 55,000円

    (単棟タイプ)

    「顧問契約+課題別サポートの組み合わせサポートプラン」

    「アドバイザリー契約+課題別サポートの組み合わせサポートプラン」

    別途詳細見積