管理会社に不満はありませんか?

分譲時から管理会社が同じで、管理委託契約の見直しを行ったことがなく、何度か管理委託料金が値上がりしている。そして長期修繕計画書の見直しを一度も行ったことがない。このようなマンションは管理会社の変更を検討する時期かもしれません。

 

 多くの管理会社は新規顧客獲得のために営業活動をしています。新しく参入する為には、多少無理をしてでも安い見積もりを出すのが常です。フロント担当者も新しい顧客に集中して対応するなど、人材も新しいマンションに集中して投入することになります。そうなると、古くから管理会社に管理を丸投げしているマンションから、しっかりと利益を確保し、対応はおざなりになるのは当然の帰結かもしれません。

 

 管理組合が全てを管理会社に丸投げするのではなく、例えば信頼できるコンサルタント会社を入れて管理会社に緊張感を持って委託管理料に見合った対応してもらい、場合によっては管理会社を変更することで管理委託料が下がり管理品質が向上することも多くあります。管理組合にとってはコンサルタント料という新しい出費が発生しますが、管理委託料が下がり、管理品質が向上して、普段の小さな修繕費や大規模修繕時にも無駄や割高な工事、支払いを省けるなど、トータル的にマンション住民にとって大きな利益になります。

相談・見積依頼フォーム