マンションのタバコの煙・臭い問題

 喫煙者が家族からタバコの臭いや煙を嫌がられ、マンションのベランダで一服する人は少なくありません。また、キッチンの換気扇の下で換気扇を作動させながら一服する人もいます。これは同居家族の健康に配慮した行為ですが、タバコの煙や臭いが周囲に流れ、実は近隣住民を悩ませる結果になってしまいます。

  

 具体的には、ベランダに干した洗濯物に臭いが付着する、24時間換気により室内に煙や臭いが入る、換気のために開けている窓から煙や臭いが入ってくるといった被害を訴える人が増えています。しかし、どの部屋の人がタバコを吸っているか分かっていても、付き合いを考えて注意せずに我慢している人も少なくないようですが、裁判まで発展した例もあります。詳細は省きますが、2012年12月13日に名古屋地方裁判所で下された判決では、再三の注意を受けたにも関わらずベランダでの喫煙を続けた経緯などから、不法行為として認められました。

 

 近年はこの判決を根拠として、管理規約に「ベランダでの喫煙を禁止する」内容を盛り込むマンションが増えています。特に新築マンションでは、その傾向が強いです。管理組合として、マンションの住民から、たばこの臭いや煙で精神的、物理的被害を受けている相談を受けた時にはまず、管理規約にベランダを含めた共有スペースでの喫煙の禁止があるか確認し、無ければ規約改正を検討することをお勧めします。そして、専有スペースで喫煙する場合には、周囲への影響にも配慮して自室内での空気清浄機の設置や加熱式タバコ、電子タバコへの切り替えなどの協力を掲示板への張り紙などで要請することも大切です。

相談・見積依頼フォーム




    メール・Zoom・電話又は来所・訪問によるマンション管理問題に対する助言・指導

     月額 27,500円


    管理組合業務、マンション管理問題に関する助言・指導・援助・代行サービス

     月額 55,000円

    (単棟タイプ)

    「顧問契約+課題別サポートの組み合わせサポートプラン」

    「アドバイザリー契約+課題別サポートの組み合わせサポートプラン」

    別途詳細見積