【YouTubeマンション管理を学ぶ】

 

管理会社の対応や業務内容に不満があったり、管理委託費が高い等の理由で管管理会社を替えたいが、失敗することに不安を感じている管理組合も多いのではないでしょうか。管理会社変更で失敗しないために、まず具体的にどのような失敗があるのか知ることが大切です。ここでは良くある失敗例を三つ紹介します。

 

 まず、一つ目は委託費の値段だけを比較して決めてしまい、管理品質が低下してしまうことです。管理組合役員の多くはマンション管理の内容に関しては素人です。

候補になる新しい管理会社から提示された資料の内容を理解することは難しいので、ついつい営業マンの印象も良いし、プレゼンテーションも上手で値段も安いので決めてしまう、という組合も少なからずあります。しかし、低い管理品質を高く売り込むという、悪質な営業マンや管理会社が存在するのも事実です。

 

 二つ目は、新旧の管理会社による事前の綿密な打ち合わせと引継ぎがスムーズに行われず、過去の管理業務の責任があいまいになる場合があります。特に設備などでトラブルが起きたとき責任の所在が問題になります。このとき、管理会社がずっと同じで、住民に起因していなければ「管理会社に原因がある」と言いやすくなります。しかし、途中で管理会社が変わってしまうと、これが曖昧になり、新しい管理会社は「前の管理会社のせい」、前の管理会社は「今の管理会社のせい」と言い出し、どちらが正しいかは調査してみないとわからない、その調査にも、費用と手間がかかるということになります。しかしこれは、管理組合がしっかりと新旧の管理会社間の引継ぎを主導することにより防ぐことができます。

相談・見積依頼フォーム