管理組合の味方、マンション管理士

 

 マンションの住民の中から選出されたメンバーが運営する管理組合は、マンション内、敷地内で起こる様々な出来事の対応、住民からのクレームや要望への対応、経年劣化する建物や設備の修繕や維持管理、大規模修繕工事など多種多様なことへの対応を行っていかなければなりません。

 

 しかし、ほとんどの住民は輪番で役員になっただけで、マンションの建築構造や修繕工事の知識を持っているわけではありませんし、マンション管理の専門知識を持っているわけでもありません。管理組合に各分野の専門知識を持ったメンバーがいないと管理会社からの提案の良し悪しを判断することも難しく、管理会社に任せっきりになり決定すべき事項のほとんどを管理会社やフロント担当者に丸投げすることになります。しかし、管理会社は自社の利益を上げることが最優先なので、マンションにとって必要のない工事を修繕計画書に入れたり、割高な見積もりを出してくることがほとんどです。そしてマンション内で起こるトラブルなどへの管理会社の対応は自社の保身が優先し、逆に管理組合に丸投げしてくることも多いのです。

 

 定期的に交代する管理組合のメンバーが管理会社に依存して丸投げ状態が続くと、誰も気づかない中で、高い業務委託費を管理会社に払い、そのうえ無駄な修繕工事をされて割高な工事費を払い、虎の子の修繕積立金をむしり取られる結果になる場合が多いです。

 

 それを防ぐために、マンション管理士はマンション管理の専門家として管理組合の味方になり管理会社に緊張感を持たせた中で諸問題の交渉をしたり、管理組合に対して管理組合の立場に立って的確なアドバイスを行います。近年、管理組合の業務がますます複雑さを増している中、マンション管理士とコンサルティング契約を結んだり、外部役員として招聘するケースも多くなってきています。マンション管理士はマンション管理組合の中で問題となっている点を解決したり、運営に携わったりして住民の立場に寄り添い、管理組合と一緒により住みやすいマンション作りをしていくことが仕事となります。

相談・見積依頼フォーム




    メール・Zoom・電話又は来所・訪問によるマンション管理問題に対する助言・指導

     月額 27,500円


    管理組合業務、マンション管理問題に関する助言・指導・援助・代行サービス

     月額 55,000円

    (単棟タイプ)

    「顧問契約+課題別サポートの組み合わせサポートプラン」

    「アドバイザリー契約+課題別サポートの組み合わせサポートプラン」

    別途詳細見積