どうする?マンションの住民から自室の玄関ドアの開閉時のキーキー音を直してと管理人が言われた

 マンションの住民から自室の玄関ドアが開閉時にキーキーと音がするから直してほしいという訴えが管理人や管理組合にあった場合はどう対応したら良いのでしょうか?住民からは、玄関ドアは共用部分なのだから管理組合が直すべきでは?と言われています。

 分譲マンションの建物は区分所有等に関する法律によって、「専有部分」と「共用部分」とに分かれています。

 専有部分とは、区分された部屋のドアや窓の内側の部分、そして床や壁、天井の壁紙から内側の部分というのが一般的な解釈のようです。それ以外の壁紙から外側の部分が共有部分となります。各部屋の窓やベランダはもちろんのこと、玄関ドアの外側を含め廊下や階段、エントランスホール等が共用部分となります。区分所有法第1条1項には「共用部分は、区分所有者全員の共有に属する」とあります。

 共用部分も、区分所有者にとっては所有物の一部となります。そして、その共用部分の中で、玄関ドアやベランダのように特定の区分所有者だけが使用出来て、他人が使えない部分は「専用使用部分」という位置づけになります。

 専用使用部分は、区分所有法に根拠があるわけではなく、それぞれのマンションの管理規約においてその定義と、その部分の専用使用権を認めています。では、専有使用権が規約により認められている玄関ドアの鍵やドアノブなどが壊れた場合はどうなるのでしょうか?原因が老朽化に伴う場合や、マンション全体で同じような不具合が発生した場合には管理組合の管轄となります。

 しかし日常的な使用の中で壊れた場合は、区分所有者に原状回復の責任があり、修繕費などは所有者が負担することになります。要するに共用部分であっても専用使用部分は日常使用の中での不具合や壊れた場合、個人で直してくださいということです。なので、日常の使用により玄関ドアの開閉時にキーキーと音が発生してきた場合は、その部屋の所有者自身が注油するなどのメンテナンスを行わなければなりません。

相談・見積依頼フォーム